塞栓術 – 誤ったアプローチ
3.3
(4)
To change the language click on the British flag first

圧迫症候群における拡張した静脈の塞栓術

静脈血の心臓への還流が阻害されると、影響を受けた静脈は拡張する。このような拡張の理由の一つとして、静脈の圧迫が考えられる。静脈が圧迫されると、静脈血が流れの障害物の前に溜まる。膨張した静脈内では血圧が上昇し、障害物の前では血流が低下します。障害物の前では、血流が強く加速されます。この状況は、貯水池の状況に似ています。貯水池では川が停滞し、ダムでは流れがカスケードのように障害物を越えて強く加速されて押し寄せます。

静脈圧迫症候群の場合、心臓に背を向けた圧迫側で高い圧力が発生します。これにより、静脈は貯水池のように膨張します。この伸びは非常に痛い。血流の低下がひどくなると、正常な血流が維持できなくなります。これに伴い、うっ血した静脈に血栓症が発生するリスクが高まります。塞栓症はそこから広がり、通常は肺塞栓症となりますが、場合によっては脳梗塞となることもあります。

うっ血の圧力があるレベルに達すると、末梢からの血流は心臓に戻るための新しいルートを探さなければなりません。血流はより細い静脈である側副血行路を通り始めます。通常、うっ血した静脈は、これらの細い静脈から血液を受け取ります。しかし、うっ血のために静脈の圧力が上昇し、血液は細い静脈に逆流してしまいます。つまり、血液の供給元である臓器は、自分の静脈血から解放される代わりに、さらに静脈血であふれてしまうのです。これにより、影響を受けた臓器に激しい痛みが生じます。骨盤内では、通常、左卵巣と子宮、多くの場合、膣と直腸、男性の場合は前立腺が該当します。

これらのいわゆる正中線上の臓器は、うっ血した腸骨静脈から血液を取り込んで右側に排出します。そのために、血液は左の骨盤内静脈から小器官の静脈を経由して患部である正中線器官に逆流し、これらの器官を逆に通り抜けて、これらの器官の右側に行き、そこから右側の骨盤内静脈に流れます。

このような状況を骨盤内うっ血症候群と呼びます。

患者さんの診察では、骨盤内、会陰部、内・外性器、直腸(痔)の静脈がひどく拡張していることがしばしば見受けられます。特に目を引くのは、左卵巣静脈/精巣静脈の拡張であり、子宮や前立腺周辺の静脈が大きく拡張していることを伴う。

これらの静脈は、患者さんの診察時に非常に痛みを伴うため、現在ではこれらの静脈を取り除くことが稀ではありませんが推奨されています。

この推奨は、うっ血した静脈の血流を遮断することで痛みが和らぐはずだという考えに基づいています。

そこで患者は、通常は鼠径部から末梢静脈を介して挿入されるカテーテルを用いて、これらの静脈を塞ぐことを勧められる。この目的のために、左卵巣静脈、子宮周辺の多数の静脈、および右卵巣静脈をワイヤーコイルで閉塞します。この方法を塞栓術またはコイリングといいます。

残念ながら、これらの手段は短期間で限られた成功しか得られないことが多い。塞栓術を計画する際、なぜ塞栓されるべき静脈が拡張しているのかが全く無視されていることが多い。静脈が弛緩していて、そのために血液が滞留したり逆流したりしているのだと、詳しい診断をせずに主張します。

しかし、多くの場合、血液が静脈から出られないために静脈が拡張しているのです。例えば、仙骨や背骨などの障害物の前ではそうなるかもしれません。しかし一方で、大量の血液が他の器官から混雑した静脈に流れ込み、その輸送能力をオーバーロードしている可能性もある。これは、左腎静脈のくるみ割り現象と呼ばれる現象でよく見られます。

くるみ割り人形現象の診断は難しいため、しばしば見逃されます。特定の検索を行ったにもかかわらず、診断が否定されることも珍しくありません。しかし、この目的のために使用される方法、コンピュータ断層撮影や磁気共鳴画像は、単に拡張した静脈を描写するだけで、血流の方向や静脈内の圧力についてはほとんど何も教えてくれません。加えて,放射線医学の標準的な手順ですべての患者にくるみ割り人形現象を検出するためには,血管圧迫症候群に関する特別な経験と長年の研究が必要である。

体積過多によるうっ血が、くるみ割り人形現象によるものか、骨盤からの血液の流出が妨げられたことによる圧力の上昇によるものかを認識できなければ、塞栓症の危険性が非常に高くなります。

拡張した静脈の塞栓は、既存の症状を定期的に悪化させます。ほとんどの場合

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

We are sorry that this post was not useful for you!

Let us improve this post!

Tell us how we can improve this post?