メイ・ターナー・コンステレーション/メイ・ターナー症候群/コケット症候群/腸骨下圧迫症候群
3.8
(8)

To translate this page, switch it by clicking the British flag in the headline and choose your language below:

読者の皆さん、日本語への翻訳はソフトウェアで行われました。ただし、内容をよくご理解いただきたい。翻訳エラーや曖昧さについて、できれば日本語か英語で教えてください。訂正提案やお問い合わせは praxis.scholbach@posteo.de に送信してください。
どうもありがとうございました!ショルバッハ教授

 

よくある症状。

腹痛(左側に多い
左太ももに放射することができる
左脇腹痛
左足のむくみ
左足の血栓症や静脈瘤の傾向

メイ・サーナー症候群では、骨盤左側の血液が左腸骨静脈を通って下大静脈に十分に流れることができません。左総腸骨静脈(Vena iliaca communis sinistra)は、岬と右総腸骨動脈(Arteria iliaca communis dextra)の間に多かれ少なかれ強く挟み込まれています。

 

多くの患者さんでは、障害物を迂回するために顕著なバイパス循環が発達し、左内骨盤静脈の流れが逆転して、骨盤の奥まで血液を導き、小骨盤内の臓器(子宮、卵巣、直腸、膀胱)の周りに強い静脈叢を形成します。そこから右内腸骨静脈を経て右総大腸骨静脈に至り、下大静脈である下大静脈に至ります。これらのバイパス回路は、患部臓器の慢性的な静脈うっ血に耐えられないことが多く、多くの患者にとってかなりの不快感をもたらす。これらの臓器は主に体の中心軸である体の中央部に位置する臓器であり、これらの臓器は血液を左側に取り込むことができるため、血液は左側の高圧を避けて臓器自体を経由して右側に流出した後、いわゆる正中線臓器の右側の静脈を経由して下大静脈の流出部に到達することができます。そのため、体の中央部にある臓器、いわゆる正中線上の臓器が左側から血液を取り込んで、この血液がこれらの臓器の通常は発達していない血管床に押し付けられて、右側の心臓に流れてしまうという状況が繰り返されています。

そこでは、正中線臓器の慢性的に増加した静脈圧は、いわゆる静脈瘤や静脈瘤に、これらの血管の静脈壁の炎症反応に、臓器の静脈の拡張、そのねじれに、すなわち、リードしています。このような状態をミッドライン症候群といいます。

If the translation into your language is incorrect, please send me the paragraph and a better translation for it - I'll improve it according to your needs. Moreover, write me, where I should explain more details.

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

We are sorry that this post was not useful for you!

Let us improve this post!

Tell us how we can improve this post?