偏頭痛と多発性硬化症
0
(0)

To translate this page, switch it by clicking the British flag in the headline and choose your language below:

読者の皆さん、日本語への翻訳はソフトウェアで行われました。ただし、内容をよくご理解いただきたい。翻訳エラーや曖昧さについて、できれば日本語か英語で教えてください。訂正提案やお問い合わせは praxis.scholbach@posteo.de に送信してください。
どうもありがとうございました!ショルバッハ教授

 

片頭痛と多発性硬化症の両方の原因は多岐にわたっており、そのほとんどはまだ明らかになっていません。

すでに2007年には、私は正中線の腎器官の静脈うっ血と片頭痛の間の接続の概念を開発しました(Scholbach T. 左腎静脈のクルミ割り人形現象から、片頭痛、頭痛、腰痛、腹痛、骨盤内臓器の機能障害の原因としての正中線うっ血症候群まで。Med Hypotheses.2007; 68(6):1318-27)。)

Scholbach くるみ割り人形現象から正中線うっ血症候群とアスピリンによる治療まで

この場合の片頭痛や頭痛の原因は、背骨の前に左から右に移動する静脈のうっ血で背骨内圧が上昇していることです。腹部の静脈圧迫症候群では、ロードーシスは脊柱を横切る正常な血流を妨げます。

 

腹腔内では、これは3つの大きな静脈に影響を与えます。

– 左腎静脈
– 左腸骨静脈
– 脾静脈

血液がこれらの静脈を介して妨げられずに流れることができない場合は、圧力は、これらの静脈の左側の部分に蓄積されます。彼らは拡張し、静脈瘤に変わることができます。他の臓器からこれらの太い静脈に血液を運ぶ細い静脈は、太くて圧迫された静脈と同じ圧力を受けています(管を伝える原理)。

血流は常に高圧域から低圧域への経路をとっているため、このような供給静脈内の血流は方向を変えることができる。いわゆる担保循環(バイパス循環)が生まれます。これらのコラテラルは、通常、上記静脈に血液を供給する器官(左腎臓、左骨盤部、左大腿部、脾臓)を用いて、血液を心臓に戻そうとする。

バイパス循環の可能性があるのは、脊柱管(脊柱管)を介した循環です。

 

脊柱管内への追加血液量の流入により、様々な症状が発生します。これらには、腰痛、坐骨神経痛、腰痛、首の痛み、手足のしびれやしびれ、手足の脱力感(これも完全な麻痺や車椅子依存に進行する可能性があります)、主に頭痛や片頭痛が含まれます。

つい最近、左骨盤静脈と左腎静脈の流出が閉塞した結果として起こる骨盤混雑症候群(Pelvic Congestion Syndrome)についての科学的研究で、骨盤混雑患者の片頭痛の有病率が例外的に高いことが明らかになりました。静脈うっ血と片頭痛の因果関係を証明するために、骨盤うっ血の治療を成功させたところ、片頭痛が消失した。

 

Migraine: A Common and Unknown Symptom of Pelvic Congestion Syndrome

Rodolfo Rosenberg and Manuel Menes

Journal of Vascular Surgery: Venous and Lymphatic Disorders; Volume 8, Issue 2, March 2020, Page 317

Migräne ein häufiges und unbekanntes Symptom des Beckenstauungssyndroms

そのため、重度の片頭痛に悩まされている方は、血管圧迫症候群を徹底的に診断することが有益かもしれません。このような圧迫症候群の診断は、あなたの片頭痛や緊張型頭痛の原因となる治療の道を開くことができます。

もし、あなたの発見について議論したい場合は、私にメールを送ってください。

E-Mail

 

多発性硬化症と慢性脳脊髄静脈不全(CCSVI)について

慢性脳脊髄静脈不全(CCSVI)の概念によると、脳や脊髄の静脈うっ血は多発性硬化症の炎症性病巣の発症に寄与しているとされています。これまでトリガーとされてきたのは、首の静脈の狭窄(狭窄や閉塞)と血流の逆流だけでしたが、今回の研究では、首の静脈の血流の逆流がトリガーとなっていることがわかりました。異なるセンターの調査では、CCSVIの診断基準を確認できなかったことが多い。これは、これまでのCCSVIの概念が首の静脈しか考えていないことに起因しているのかもしれません。

脳と脊髄はともに脳液に囲まれており、両者の液腔は後頭部の穴(大脳孔)で自由に連絡を取り合っています。しかし、骨盤静脈や左腎静脈からの血液の流入により、脳や脊柱管内の静脈圧が大幅に上昇します。

 

多発性硬化症(MS)の患者さんを診た経験から、このメカニズムはカラー二重ソノグラフィーとPixelFlux技術によって検出され、定量化することができることを知っています。したがって、CCSVIのアプローチを十分に考慮するためには、CCSVIの概念を拡張して、腹腔の静脈と骨盤の検査を含めることは理にかなっている。
そこで、多発性硬化症で腹部や骨盤の静脈うっ血の症状がある方には、PixelFlux法を用いた全腹部圧迫症候群のカラー二重超音波検査をお勧めします。

If the translation into your language is incorrect, please send me the paragraph and a better translation for it - I'll improve it according to your needs. Moreover, write me, where I should explain more details.

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

We are sorry that this post was not useful for you!

Let us improve this post!

Tell us how we can improve this post?