いわゆるクルミ割り現象
4.1
(9)

To translate this page, switch it by clicking the British flag in the headline and choose your language below:

読者の皆さん、日本語への翻訳はソフトウェアで行われました。ただし、内容をよくご理解いただきたい。翻訳エラーや曖昧さについて、できれば日本語か英語で教えてください。訂正提案やお問い合わせは praxis.scholbach@posteo.de に送信してください。
どうもありがとうございました!ショルバッハ教授

 

くるみ割り現象は、非常に一般的な血管圧迫現象です。私は過去20年間、この臨床像を持つ何百人もの患者さんを診断し、治療してきました。

進化論的には、人間の直立歩行とその結果としての腰椎の湾曲(「ローダシス」)が原因とされています。腹痛、脇腹の痛み(左に多い)、腰部の左凸状下垂、腹痛(女性や女の子では主に左卵巣の上)、腰痛、頭痛、痔、性器部の痛み(性交時の痛み、精巣痛)などが代表的な症状です。機能性カラードップラー超音波検査を行うことで、診断を明確にすることができます。

これらの症状に血尿、すなわち尿中の血液排泄を伴う場合をナツクラッカー症候群といいます。

下図は、大動脈と上腸間膜動脈の間で腎静脈が閉塞している状態を模式的に示したもので、大きい青丸は大動脈の断面、小さい青丸は上腸間膜動脈を表しています。腎静脈は赤で示されていますが、右から来ると2本の動脈の間に挟まれてうっ血しています。

 

Folie40

下の写真は、超音波画像でも同じような状況です。

nussknacker_01

周回回路とそれに伴う苦情

左腎静脈のうっ血は正常な血液の流れを妨げるため、血流はバイパス回路を求めることが多い。その結果、骨盤内臓器のうっ血が起こり、機能障害や痛みが生じることが多いです。頻発する機能障害としては、膀胱が満たされていないときの尿意、月経障害、痔の場合の排便痛、性器障害、左足の下肢静脈や腹膜静脈のうっ血、左足の血栓症傾向などが挙げられます。

頻繁に行われるバイパス循環は左卵巣静脈を経由しています。正常な状態とは対照的に、この静脈はうっ血した左腎静脈から血液を取り込み、この血液を左卵巣を経由して逆流して左の骨盤静脈に導くか、ここでも流出が閉塞することがあるので、子宮を経由して下大静脈の右側に導きます。超音波画像では、左の卵巣静脈が拡張しているように見えますが、これは腎静脈のうっ血によって圧力が上昇した結果です。その結果、左下腹部に痛みが出ています。

 

nussknacker_02

また、左卵巣静脈を経由して腎静脈血が分岐することで起こるもう一つの現象として、子宮内静脈瘤があります。結果的には、腹部と左側の腹腔周囲に痛みが出てきます。

nussknacker_03

次のアニメーションは、くるみ割り人形症候群の左腎臓からの血流の障害を説明しています。

治療の可能性

治療は、まずローダ症を軽減するための運動から始まり、薬物療法や血管手術で補うことができます。すべての治療法の効果は、左腎臓と左腎静脈の血流に基づいてソノグラフで正確に測定することができるので、治療のための適切な勧告を行うことができます。

 

当サイトの医学的な説明についての注意点をご紹介します。

 

If the translation into your language is incorrect, please send me the paragraph and a better translation for it - I'll improve it according to your needs. Moreover, write me, where I should explain more details.

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

We are sorry that this post was not useful for you!

Let us improve this post!

Tell us how we can improve this post?